タブレットの基本操作

タッチパネルの操作方法

タップ(Tap)

画面上のアイコンなどを指先でポンと押すことをタップといいます。
画面上の何かを「選択」するときに使います。

ダブルタップ

画面の任意の場所をすばやく続けて2回押すことをダブルタップといいます。
拡大縮小に使用します。
ダブルタップは、画面上の何かを「決定」するときに使います。
サイトや写真を閲覧中の場合はダブルタップをした場所を中心に拡大します。
再度ダブルタップをすると元のサイズに戻ります。

押し続ける(ロングタップ、またはホールド)

タップをした状態のまま指で押し続けると、オプションメニューが表示されます。
また任意のアイコンを押し続けるとアイコンを移動できます。
ロングタップ、またはホールドという呼びかたもあります。

ドラッグ(Drag)

画面を押したままの状態で、上下左右にずらす動作をドラッグと呼びます。
画面上のアイコンや画像、写真などの位置を「移動」するときに使います。

フリック(Flick)

指の腹で、画面上をはらうような動作をフリックと呼びます。
画面を高速で移動させる場合に使用しフリックした方向にページが素早く移動します。
これをとめるには、画面をタップあるいはタッチします。

ピンチイン(Pinch in)

二本の指で画面を押さえ、摘むように指を近づけるような動作をピンチインと呼びます。
この操作で、写真やwebページなどを縮小できます。

ピンチアウト(Pinch out)

二本の指で画面を押さえ、その指の間隔を広げる動作をピンチアウトと呼びます。 またはピンチオープンとも呼びます。
この操作は、写真やwebページなどを拡大表示させます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする