インターネット利用の留意事項

ネット社会の常識

Http://インターネットの世界は、誰でも気軽に活用できます。生活や社会参加活動を便利で快適にさせますが、大変危険なトラブルを招く確率も高くなります。多くの人々が利用するネツト社会の常識について理解しておきましょう。

  1. インターネットの利用は自己責任であるので、自分のことは自分で守ること
  2. インターネットは多くの人々が利用していますので、法律やマナーを守って利用すること
  3. インターネット上で行動は特定されるということを認識しておくこと
  4. インターネット上には様々なサイトがあるので、不審、危険なサイトには近づかない、見極めること
  5. SNSなどでの「炎上」(非難・批判・誹謗・中傷などのコメントやトラックバックが殺到すること)などに乗らないで冷静な判断をすること
  6. インターネットは安全対策を怠ると大変危険なトラブルを招くので安全対策を必ず行うこと
  7. トラブルにあったら速やかに対処すること

セキュリティ対策

  1. タブレット端末は、便利なものですが安全対策を怠ると大変危険なトラブルを招くことに なります。安全対策については下記のとおりです。
  2. OSは常に最新の状態にアップデートしておくこと
  3. アプリは必要なものだけインストールすること
  4. インストールする際は規約を読まずに「同意」しないこと
  5. 位置情報、友だち情報の使用確認には注意すること
  6. アプリは信頼できる配布者(社)のものだけにすること
  7. Android端末では、「提供元不明のアプリ」はインストールしない設定にしておくこと
  8. アプリは常に最新の状態(自動アップデートを利用)で使用すること
  9. セキュリティ対策アプリは必ず導入しておくこと
  10. 盗難・紛失に備えてロックは必ず掛けておくこと
  11. 万一のために、探索、ロック、消去、操作不能にするアプリをインストールしておくこと 一番の安全対策は、自分自身の心がけにあると思いみる。

 情報モラル・マナー

スマホやタブレットの普及は、私たちのライフスタイルを大きく変えてしまいました。 便利なものですが使い方については守るべきことや留意すべき事柄があります。

  1. 安易な書き込みによって、多くのトラブルが発生していますので書き込みは慎重に、相 手を思いやった書き込みを行うこと
  2. 誹謗中傷、人権無視になるような書き込みは絶対しないこと
  3. 個人情報の流失に注意が必要、他人の個人情報掲載にも注意すること
  4. Web上の情報には著作権や肖像権のあるものが多いので流用・転載には注意すること
  5. 自身や家族の写真、他の人の写真の掲載は個人情報の流失や肖像権やプライバシーの侵 害にもなり易いので注意すること
  6. チエンメール、掲示板、SNSなどには悪質なデマ情報が掲載される場合もありますので 見極めること
  7. 使い過ぎによる健康被害が多くなっていますので使用時間、頻度について自身でコント ロールすること

※総務省の「ICT利活用による高齢者の社会参画促進に向けた実証事業」より


rfwbs-sliderfwbs-sliderfwbs-sliderfwbs-sliderfwbs-sliderfwbs-sliderfwbs-sliderfwbs-slide