ドラゴンフルーツ

2015-11-15 14.15.02
この前夫の実家に行ったときに、ジャジャーンと出てきたドラゴンフルーツ。インターネットのWikiで調べてみると「ドラゴンフルーツ(dragon fruit)、またはピタヤ(pitaya)は、サボテン科ヒモサボテン属のサンカクサボテン等の果実を指す。メキシコまたは中南米の熱帯雨林原産。」だそうです。台湾やタイではよく売ってて食べたことがありますが、日本ではあまりポピュラーじゃない果物ですよね。切ってみると、果肉が赤いドラゴンフルーツでした。黒い種の粒々があり、味はあっさりしたキウイみたいな感じです。酸味はほとんどありません。
鹿児島の奄美の里という観光施設のレストラン「花ん華」では、この赤いドラゴンフルーツの果汁を使った赤熊というかき氷が食べられるんですよ。果汁を使ったドラゴンフルーツドレッシングも売っているそうです。実は、夫の実家で食べたドラゴンフルーツは義父が奄美の里の代表の方からいただいたものでした。