カメノテ

2015-11-26 12.15.37
見た目はグロテスクだけど、食べたら病みつきになるほどおいしいのがこのカメノテです。今日、スーパーに買い物に行ったときに見つけ買ってきました。カメノテと言っても本当の亀の手ではなく、海にいる貝のようなものなんです。いや、正確に言うと貝ではなく、甲殻類の一種です。その形が亀の手にそっくりなことから、その名前がつけられたのだそうです。「ザ!鉄腕!DASH!!」のDASH島で話題なったりしましたが、まだまだマイナーな食べ物です。東京に住む友人が高級料亭に行ったところ、このカメノテが突き出しに出されて、初めて見たものだから思わず叫んだと言っていました。スペインのガルシア地方では「ベルセベ」と呼ばれていて、高級食材として珍重されているのだそうです。
子どもたちが小さいころは、夏になるとよく坊津の丸木浜や網代浜にシュノーケリングをしに行っていました。そこらにカメノテがたくさんあるので、採ってきて食べていました。日本でもカメノテを食べる地方は限られているようです。瀬戸内海のどこかの島では、カメノテを味噌汁にするとテレビの旅番組で見たことがあります。鹿児島でもどの地方でも食べるわけではなく、私の母は霧島市の福山町出身ですが、「子どものころからたくさんあったどん(あったけど)、食べる人はおらんかった。」と言います。
我が家では塩ゆでにして食べます。味は、カニとエビを混ぜて濃厚にしたような感じでしょうか。今夜、久しぶりに食べるのが楽しみです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする