紫陽花

2016-06-17 22.53.25
梅雨の真っただ中、ここ数日は大雨洪水警報がでるほどの強い雨が降っています。うっとうしい季節ですね。

そんな雨の中、庭の紫陽花を見ることは楽しみです。いろいろな色や品種の紫陽花を植えています。買ったものはほとんどなく、ご近所や知り合いから一枝もらって挿し木したものばかりです。写真右の真ん中の紫陽花は、おたふくという品種です。花が小さく丸まっているのが特徴です。私たちが花と言っている部分は装飾花で、花びらに見えるものは萼(がく)なのです。植えている土壌のpHによって花の色が変わるそうです。また、花の色は開花から日を経るにしたがって変わるので、別名「七変化」とも呼ばれています。

毎日雨ばかりでうんざりですが、雨に濡れた紫陽花はとてもきれいです。これほど雨が似合う花はないのではないでしょうか。鹿児島には紫陽花の名所が何か所もあります。阿久根の笠山農園や大隅湖、出水の東雲の里等が有名でしょうか。