震災後の熊本城

2016-08-18 10.31.25
旅行3日目は今回の小旅行の目的一つである熊本城に行ってきました。現在、二の丸広場までは車で行くことができます。あちらこちらの石垣は崩れ落ち、白壁は倒れ、天守閣の瓦や鯱はがれ落ち、その姿は想像を超えるものでした。戌亥櫓は算木積みだけで支えている映像をテレビで見た事がありましたが、そこも実際に見ることができました。

帰りは八代市まで国道3号線を南下しました。熊本市、宇土市、宇城市…、屋根にブルーシートをかけた家もまだまだ多いです。熊本市で宿泊したホテルも外壁がはがれ落ちたらしく、工事中でした。震災で亡くなった方のお宅は初盆で、精霊流しがあったとニュースで見ました。犠牲になった方々のご冥福を祈るとともに、被災地の一日も早い復興を祈ります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 橋本 より:

    痛々しい熊本城の姿に胸が痛みますね。
    くまモンが「がまだせ」とエールを送っています。
    熊本弁で「がまだせ」は「頑張って」と言う意味ですが、
    鹿児島でも「がまだせ」と言いますか? 
    「きばいやんせ」かな?

    私も8月11日小倉に行きましたが、三船~益城町辺りは高速道路の路面は浪打ち、
    人家の屋根にはブルーシートが掛けられていて涙が出ました。
    早く元の姿に復旧して欲しいですね。

    • 管理人 より:

      コメントありがとうございます。
      熊本城、思っていた以上に被害が大きく私も胸が痛みます。
      「がまだせ」は、鹿児島弁では使いませんね。
      高速道路の路面が波打っている所の写真が撮りたいと夫が言うので、私が運転しました。
      ドキドキしました。
      反対車線と1メートルくらい高低差ができている所もありましたね。

  2. 裕子 より:

    熊本の震災被害に心よりお見舞い申し上げます。
    私も8月1日、大分県日田市へ向かう途中、
    ブルーシートのかかった家々が目につき始めたら
    道路が波打ち、少ししたら上り線が対面通行になりました。
    下り線は、ちょっとじゃなく、道路やのり面も大工事が続いていました。
    2日目は、また鳥栖経由松橋まで高速道路を走っていると、
    一部、対面通行の片側通行になっていて、いきなり旗で停車しました。
    ハザードランプで後続車に伝えて無事でした。
    天草五橋の2号橋近くのホテルで泊まり、出水の流れ庵に寄って帰宅しました。