音声入力

NPO法人鹿児島ASCのタブレット講座では音声入力を使いこなしている受講生が増えています。
「SiriやGoogleアシスタントを使いこなすことで、タブレットやスマホが日常生活に便利にしてくれる」
という事で最近は講習用に事例集を作ったりしている次第です。

「MMD研究所」が15歳から69歳までの男女2155人を対象に先月実施した「スマートフォンの音声入力及び、スマートスピーカーによる調査」によると、スマートフォンを持っている人の音声入力機能の利用経験について、64.5%が「利用したことがある」と回答。年代別では「普段から利用」「ときどき利用」を合わせると、60歳以上が最も多いという結果だったそうです。

利用内容は「検索」がメイン。音声検索で何を調べるかというと、3位がニュース、2位が天気予報、1位が「地図、ルート検索」とのこと。