要介護になってからのスマホ

高齢になった母の様子が芳しくなく、連絡用にと「HUAWEI nova lite」を購入しました。

もちろんAndroid端末の利点を生かし写真のようにホーム画面には家族との連絡用アイコンだけにしました。
そのほかは音声メモと懐中電灯くらいのものです。

「タブレットやスマホの操作は直感的で簡単」といいますが、介護が必要な年代になるとロック画面でのスワイプ操作も厳しいものが有ります。
ロック画面を使わない設定にしたわけですが、かなり一般の方にとっては設定することが困難なことだと思われます。

残る問題としては手帳型ケースに入れてあるため電源ボタンが押しづらいようです。

NPO法人鹿児島ASCではスマホ・タブレット講座を開講していますが、常に高齢者にも使いこなせるような使用方法を研究していく必要があります。

スマホ・タブレット等の端末は、まだ元気なうちに使い方に慣れておく必要があると感じるこの頃です。


rfwbs-sliderfwbs-sliderfwbs-sliderfwbs-sliderfwbs-sliderfwbs-sliderfwbs-sliderfwbs-slide