NPOとしてのICT講習の目的

 NPO法人鹿児島ASCの「シニアのためのICT講習実施」ですが、本来の目的はシニアや高齢者の情報化社会での格差をなくし、便利で豊かな社会の構築に寄与する事を目的としています。
当然のようにサイバーセキュリティ教育なしでは、目的を達することはできません。

 最近のiPhone・iPadやAndroidタブレット等の情報端末ユーザーを狙う「ワンクリック詐欺」は益々巧妙になってきており、シニア・高齢者に限らずサイバーセキュリティ教育を重要視するべきではないでしょうか。

 独立行政法人「情報処理推進機構」のサイトより、2015年4月の呼びかけでは、私たち講師でも戸惑うような手口が公開されていました。

(1)新しい手口1:請求画面が表示された時にシャッター音が聞こえる

 2014年6月の呼びかけで紹介しているように、スマートフォンで表示される請求画面は、パソコンのように不正プログラムによって請求画面を繰り返し表示しているわけではなく、ブラウザに請求画面が表示、保存されているだけです。
 前述の相談者の話では、「請求画面が表示された時にシャッター音が聞こえた」ため、写真が撮られてしまったのではないかと不安を覚えたとのことでした。
 過去にも、シャッター音を鳴らしたり、スマートフォンを振動させたりする不正アプリ※2はありましたが、ブラウザによるウェブサイト閲覧だけではスマートフォンのカメラ機能を制御したり、撮影した写真をネットワーク経由で送信したりすることはできません。
 ただし、利用者の操作をきっかけにブラウザ上で音楽ファイルを再生させることは可能です。そこで前述の相談内容から、請求画面を表示させる際にシャッター音の音楽データを再生させ、利用者に自分の写真が撮影、送信されたと誤認させることを狙ったと考えられます。
 これは業者に個人に関する情報が伝わってしまったと利用者に誤認させ、慌ててメールや電話で業者へ連絡を取らせる意図があると考えられます。従来からある、請求画面上にお客様情報と称して端末のOSバージョン、閲覧ブラウザの種類、IPアドレスなどを表示させて誤認させる手口と類似しています。つまり、シャッター音を鳴らす以外は従来の手口と変わらないと言えます

(2)新しい手口2:自動的に電話を発信させる

 シャッター音を鳴らす手口とは別に、登録完了画面が表示された後、自動的に電話を発信させるウェブサイトの存在も確認されています。
 このウェブサイトにアクセスすると、登録完了画面の出現後、登録に関する情報が記載されたポップアップメッセージが自動的に現れます。このメッセージのOKボタンをタップすると電話発信を確認するポップアップが表示され、このとき、うっかり電話発信の操作をしてしまうと電話がかかってしまいます。
 なお、電話の発信先はポップアップメッセージに記載されている問い合わせ先で、確実に利用者の電話番号を取得するため発信先の番号の先頭には186が追加されています。利用者が非通知設定にしていても、電話番号が相手に通知されてしまいますので、注意が必要です。
 この手口の悪質なところは、電話発信をキャンセルしても、登録完了画面に戻り、再び自動的にポップアップメッセージが現れ、ループ状態となることです。また利用者に“発信を押さない限り、元のようにブラウザが使えない”と思い込ませ、結果的に電話発信を促す点が巧妙です。
 ここで紹介している手口については、YouTubeのIPA Channel(https://www.youtube.com/user/ipajp)にて映像コンテンツとしても確認ができます。

(3)請求画面が表示されても慌てずに対処を

 今回の手口への対処は、ブラウザの表示から請求画面を消す※4ため、タブの削除や閲覧履歴の消去を行うこと、そして業者には絶対に連絡を取らないことです。
ただし、新しい手口2については、ブラウザのタブの削除は誤操作により電話発信をしてしまう可能性があるため、ブラウザの閲覧履歴を消去する方法を推奨します。
 従来の手口も含めて、ワンクリック請求の基本的な手口は、利用者に対して心理的に不安や焦燥感を与えることでメールや電話をさせ、その連絡先に様々な理由で高額な支払いを要求するといったものです。
 そのため、請求画面が表示されても慌てずにブラウザに表示された請求画面を消すこと、そして決して業者に連絡を取らないことが重要です。もし業者に連絡をしてしまった場合や契約の成立に関して不安を感じる場合には、最寄りの消費生活センターへ相談してください。
 なお、ワンクリック請求への画面には、有名人ゴシップサイトや動画投稿サイトなど、アダルトサイトとは異なるウェブサイト内のリンクから誘導されてしまうケースもあります。4月からの新生活のスタートがワンクリック請求に悩まされることのないよう、ワンクリック請求の手口と対処方法を把握しておくことをお勧めします。