Windows Update直後の不具合

先日書いた「Windows Update直後の再起動時に、青い画面で停止してログオンできない。」という現象について、幸いにもNPO法人で実施しているICT講習の受講生の中には問題が発生した方は見当たりませんでした。

「デル株式会社 法人向けテクニカルサポート」様の方から、FAQが5/19に更新されたとの事をTwitterで通知を頂きましたので確認してみました。

デル株式会社 法人向けテクニカルサポート様ありがとうございました。

対象の環境
・ Windows 7 SP1 32-bit 、および 64-bit
・ Windows 2008 R2 (64-bit OSのみ)
・ 全ての言語において発生

影響の範囲
・ 2015年 5月度のWindows Update 適用後
・ 機種・メーカーを問わず、すべてのマシンでランダムに発生

概要
・ Windows Update直後の再起動時に、青い画面で停止してログオンできない。マウスポインタは動作可能。

原因
・ 調査の結果、Windows Updateに含まれる、「KB3020369」 に依存する問題であることが判明しました。
・ Windows Updateの際、「KB3020369」は他KBより後にインストールされる必要がありましたが、他KBより前にインストールされてしまったため、今回の事象が引き起こされました

対策
・ マイクロソフト社において、近日中にWindows Updateの修正が実施される予定です。「KB3020369」の修正が完了するまで、以下のナレッジに従い、自動更新を無効にしておくことが可能です。

マイクロソフト社サポートサイト:自動更新を有効または無効にするには
・ 現状でも、「KB3020369」 と、その他のKBを分けてインストールすることで、この問題の発生を防ぐことが可能です。手動でWindows Updateを起動し、インストールされるKBのリストから、「KB3020369」を除外してWindows Updateを実施、その後、「KB3020369」のみのインストールを実施します。

復旧方法
事象が発生している場合は、以下のいずれかの方法でPCを復旧させます。
1. キーボードの 【CTRL + ALT + DEL】 キーを同時に押し、ログオン画面が表示されるか確認する。
2. ログオン画面が表示されなかった場合は、以下FAQの手順に沿って「Windows再開ローダー」からシステムを再開する。

Dell_HPより引用終了

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする