iPhoneX

iPhone Xにはホームボタンがなくなってしまいました操作の違いを解説していきます。

電源オン/オフとスリープ
 電源はサイドボタン(右側のボタン)ですが、オフにするときの動作が変わりました。サイドボタンとボリュームボタンを同時で2秒程度の長押しで、電源をオフにするスライダーが表示されます。緊急電話する際もこのボタンになります。従来どおりスリープにしたり解除したりするときにクリックします。

Siriを起動する
 ホームボタンを長押しして起動していたSiriは、サイドボタン長押しに変更されました。電源オフにしようとサイドボタンを長押しすると、Siriが起動します。

Apple Payを起動する
 ロック中にホームボタンをダブルクリックして起動していたApple Payの起動は、サイドボタンをダブルクリックになりました。Apple Payの設定をしていなければ何も動作しません。

スクリーンショット
 従来、画面を保存する操作は電源ボタンとホームボタンの同時押しでしたが、iPhone Xではサイドボタンとボリューム上ボタンの同時押しになりました。

Touch IDからFace IDに
 認証方法が指紋から顔になりました。Face IDでは単にロックが解除されるだけで、そこから下からのスワイプでスリープを解除しなければなりません。

タスクの操作
 タスクの操作は、従来ならホームボタンをダブルクリックして起動中のアプリを表示していましたが、画面下からスワイプして止めると表示されるようになりました。また、画面下を右にスワイプすると、起動中のアプリが左から現れます。アプリ画面で下からスワイプして止めれば起動中のアプリが表示されます。

ホーム画面に戻るとき
 画面下からスワイプします。

タスクを終了する
 これまでタスク表示中にアプリ画面を上へスワイプしていましたが、iPhone Xではホーム画面に戻ります。アプリを完全に終了させるには、タスク表示中に長押しすると、それぞれのアプリに終了アイコンが表示されるので、それをタップするとアプリが終了します。

コントロールセンター
 従来は画面下からのスワイプでしたが、iPhone Xでは画面右上からスワイプに変わりました。

通知
 通知は画面上からスワイプで表示されましたが、iPhone Xでは画面左上からスワイプになりました。コントロールセンターと使い分ける必要があります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


rfwbs-sliderfwbs-sliderfwbs-sliderfwbs-sliderfwbs-sliderfwbs-sliderfwbs-sliderfwbs-slide