iPhoneがUSBメモリに

2013-02-04 05.42.21USBメモリを忘れたり見つからなかったり…
ドロップボックス等も利用はしていますが「USB & Wi-Fi Flash Drive」を使ってアプリとパソコンのブラウザだけでiPhoneをUSBメモリのように使うということにチャレンジしてみました。

iPhoneでアプリを起動したら設定が開くのでWi-Fiを選んで、「Turn On Web Manager」をオンにします。httpから始まるアドレスが表示されるのでパソコンでブラウザのアドレスバーに入力すればiPhoneとつながった状態になります。
「Upload File」を押して、パソコン内のファイルを選択しiPhoneへ転送します。
iPhoneに転送されたデータはアプリで閲覧することができます、またiPhoneに入っている写真は+ボタンを押して、カメラロールから写真を選べばドライブに追加できます。
editボタンを押せばホーム画面でアイコンを扱うようにフォルダ作成もできます。

オンラインクラウドサービスで利用するのに不安なファイルはこれを使うと良いかもしれません。
ただ、フォルダごとの転送が出来ないようですので少し残念!圧縮して転送しておくことにしますかね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


rfwbs-sliderfwbs-sliderfwbs-sliderfwbs-slide