NPO法人の信頼

capture-20130312-080310

「もう我々の手には負えない。こうなったら警察だ、警察!」

1月7日、岩手県山田町の佐藤信逸町長は、会見で色をなして怒った。東日本大震災で甚大な被害を受けた同町の復興資金約8億円を謎のNPO法人が使い切ったあげく、地元の従業員に給料も払わず同法人の代表が雲隠れしたのだ。これは、詐欺なのか支援事業のミスなのか。

問題となっているのは、北海道旭川市に本部を置くNPO法人「大雪りばぁねっと。」(岡田栄悟代表理事)。山田町の緊急雇用創出事業を受託し「復興やまだ応援事業」を行っていたが、昨年11月までに’12年度の予算約7億9000万円が尽きたとし、町に補正予算を求めた。

「町が調べたところ、通帳に残っていたのは75万円だけ。何に使ったのか問い質しても要領を得ない答えが返ってくるばかりで、町議会は当然却下しました。するとNPOは昨年の12月25日に、12月分の給与を未払いのまま雇用していた約140人の従業員全員を突然解雇してしまったのです」(山田町役場関係者)

引用 現代ビジネスより:終わり

 いやはやとんでもないニュースが飛び込んできましたが、ここ鹿児島でも先日似たような事件が報道されていました。

 最近ではNPO法人の信頼性や評価もどんどん薄れていっている気がしますが、実際周りのNPO法人はどうなのでしょう?私財を投げ打って活動している法人もあれば、裏で良くない事をやっているところもあるようです。ただこれはNPO活動をしている団体だけの問題ではないのではないでしょうか。補助金などは目立つ活動をしているところにしか回ってないような気がしますし… これはどういう事かというと、イベントやお祭り騒ぎに補助金が出やすいという事です。

 NPO法人鹿児島ASCは活動を始めて3年を過ぎて受講生は500人を超え、100人以上の会員がいます。補助金などはありませんが地道にコツコツとシニアの方々へのICTの広がりを推進しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


rfwbs-sliderfwbs-sliderfwbs-sliderfwbs-sliderfwbs-sliderfwbs-sliderfwbs-sliderfwbs-slide