LINEのセキュリティ

capture-20140825-155543NPO法人鹿児島ASCでは講習の中にLINEも取り入れています。iPadやAndroidタブレットに限らずiPhone等のスマホでも必須の設定だと思いますので講習用に備忘録として残しておこうと思います。
1.他端末でのログインを許可しない
2.パスコードロックを使用する
3.ID検索の許可をオフにする
4.メッセージ受信拒否をオンにする
5.友だちへの自動追加などをオフにする
6.認証番号の設定
7.PINコードによる本人確認設定

1.他端末でのログインを許可しない
・「その他」タブの「設定」から入って「アカウント」を選択。「他端末ログイン許可」をオフ。
・ログインしている端末をチェックしたい場合は「ログイン中の端末」で確認。
・ログインを制限できるのはPCからだけで、この設定をしていても、アカウントIDとパスワードを知られてしまうとスマートフォンからログインされてしまうので注意!

2.パスコードロックを使用する
・アプリの起動時に事前に設定したパスコードを入力しないとアプリを使うことができない
・「設定」→「プライバシー管理」→「パスコードロック」をオン。

3.ID検索の許可をオフにする
・自分の許可した友だち以外にIDを知られたくないなら、オフにしておきましょう。
・「設定」→「プライバシー管理」→「IDの検索を許可」をオフ。

4.メッセージ受信拒否をオンにする
・友だちになりたくない人にIDを知られてしまった場合、その人と友だちになっていない状態ならメッセージを受信拒否することができます。
・「設定」→「プライバシー管理」→「メッセージ受信拒否」をオン。

5.友だちへの自動追加などをオフにする
・「設定」→「友だち」→「アドレス帳」→「友だち自動追加」と「友だちへの追加を許可」をオフ。

・アドレス帳に登録してある連絡先が友だちとしてLINEに自動登録されたり、自分の電話番号を知るユーザーのLINEに友だちに自動で追加されてしまう事を防ぐ。

6.認証番号の設定
・PC版LINEへログインする時に、認証番号の入力が必須となっている。

・ログインが完了する前に、4桁の数字が画面に表示されます。
スマートフォン版LINEアプリの画面が切り替わるので番号を入力して「本人確認」をタップ。

7.PINコードによる本人確認設定
・見知らぬ人や不正ログインの犯人がスマートフォンでログインしようとすると、認証途中に「PINコード」を入力画面が表示される。
・「設定」→「アカウント」→「PINコード」→「4桁の番号を2か所入力してOK」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする