メールとSNS

昨日はサンエール鹿児島でシニア・パソコン講座でした。「メールとSNS」についての授業をしました。

SNSとは、参加するユーザーが互いに自分の趣味、好み、友人、社会生活などのことを公開しあったりしながら、幅広いコミュニケーションを取り合うことを目的としたコミュニティ型のWebサイトのことです。かごしまASCでは、会員のみなさんのためのSNSを運営しています。SNSは会員登録をした人にしか見ることができません。

ASCのSNSのことをわかりやすく説明するために、「インターネット上のASCの公民館です。」と言いました。会員しか入れない公民館で、そこに行けば誰かが日記を書いている、誰かが撮った写真を見ることができる、会員同士でメッセージを送ることができる…、そんな例えでみなさんにご理解いただけたようです。会員登録するにはメールアドレスが必要なので、まずみなさんにGメールを取っていただいてからの会員登録となりました。
今後、ネットで買い物をするのにも飛行機のチケットを取るのにもホテルを予約するのにもメールアドレスは必要です。SNSに登録が終わり、「SNSのログインって何ですか?」という質問を受けました。シニアの方、パソコン初心者の方にでもわかるような言葉で話すことを心がけています。「鍵を開けてネット上の公民館に入ることですよ。」と答えると、納得されていました。
みなさん私のつたない授業にもついてきてくださって、ほとんどの方からメールが届きました。先々週にパソコンを始めたばかりの方から添付ファイル付きのメールが届いてびっくりしました。SNSの登録が終わった方はさっそく日記も書いてくださいました。SNSを通じて、友達作りの輪が広がって、桜の季節にはお花見に行きましょうよとかいう企画ができるといいですね。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


rfwbs-sliderfwbs-sliderfwbs-sliderfwbs-slide