写真撮影で

 NPO法人鹿児島ASCのICT講習に於いて、iPadやAndroidタブレットの講座ではタブレットの操作に慣れていただくためにLINEカメラのビューティを使っています。

 無料でお貸しできるタブレットの中にはNEXS7(2012)もありますので背面レンズが無く、自分撮りにはちょうど都合がいいということもあります。

 NETで「写真写りが良くなる方法」というのがあり、「目線はレンズの少し上、背筋を伸ばしアゴを軽く引いて、目線を少し上に向けることで、自然と目が大きく開きます。」と書かれてました。

 既に何度も講習していますので、いつもそう説明はしていたのですが、やはり初心者にとってはどうしてもシャッターボタンに視線が行ってしまうものです。
 何度も撮り直すことも多いのですが、「撮り直し」の方法を学ぶこともまた大事です。画像編集が終わる1時間後には自然とタップやピンチイン・アウト等の操作ができるようになっています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする