写真での翻訳

img066 AMAZONで購入した子犬用の首輪ですが、説明書が英文の紙切れ一枚。

さっぱり使い方が理解できずにiPadで撮影後、Google翻訳してみました。

以下翻訳

他の環境騒音からあなたの犬の吠え声を区別するマイクロプロセッサによって制御され、自動的に各樹皮PET665Vstops後音とショックを伝達されて次第に増加し、音と衝撃で吠え停止PET665s増加音と振動はじめAntiBark襟付きの増加音と衝撃PET665VとマニュアルPET665s漸進的に増加し、音と振動で吠えます。最初の樹皮で、動作原理、PET665sアンチ樹皮の襟は、短い警告音を適用します。第二の樹皮は、30秒以内に発生した場合は、より強い音が発音されます。第三の樹皮から、より強いトーンが短い、軽度の衝撃と一緒に発音される。(PET665V振動で)このパターンは7補正レベルを通して繰り返されます。最初の2つのレベルは次第に警告音のみです。あなたの犬は、残りの5レベルを介して吠え続け、あなたのペットは30秒間停止するまでの衝撃(振動)は、各樹皮の後に適用され、その後、アンチ樹皮の首輪が自動的に補正の最初の「音のみ」レベルにリセットされます。場合連続刺激は7つのレベルに達した場合、犬を保護するために、その後、カラーは1分間の動作を停止します。ますます強烈な色調と衝撃に続いて警告音(振動)の使用は、あなたの犬は、独自の吠え声によって引き起こされる急速に学習しますパターンを設定します。それは悪い習慣を破るために時間がかかります。あなたの犬は忘れて、もう一度吠えた場合、警告音がすぐに痛みを伴う刺激を加えることなく、あなたのペットを連想させます。各ステップで、あなたの犬は、それが再び吠え増加痛み価値があるかどうかを選択するために取得します。私たちは次第に増加し、音と衝撃(振動)のこの技術を発見したそれは吠え従来の衝撃的な樹皮のコントロールカラーを壊すでより効果的であるだけでなく、より人間的です。 PET665s(PET665v)は取扱説明書を吠える犬の大きさに応じて、音声の感度を制御するように調整することができます私たちのPET665s(PET665v)ほとんどcompetely自動で行われます。ちょうどあなたの犬の首のサイズとPET665s(PET665v)にストラップを調整し、6ボルトのアルカリ電池をインストールすると、自動的に “その仕事をして樹皮に感度を調整するために使用される二つのボタンがありますが、すべての時間Bが存在することになるから始まりますトーンのうち、感度が徐々により敏感、簡単に襟をトリガするように強化または弱体化されます。感度の合計7つのレベルがあります。あなたがバッテリーを取り付けるときには、自動的に4つのレベルに設定されています。

完璧な日本語にはならないものの要点を理解するのにはかなり役に立ちます。

最近はAMAZON等で海外の製品を購入する機会も多いのでほんと助かります。