WordPress攻撃

 capture-20150323-075335JetpackのVer3.4以降にプロテクトという機能が追加されたということで早速チェックしてみました。

 以前からJetpackは使っていたのですが、プロテクトのところで有効化を押すだけで完了。

 もう少し調べたところで「SiteGuard WP Plugin」も目に留まり設置しました。
こちらの設定も「管理ページアクセス制限 をONにした位で設置完了です。

Jetpack プロテクトはクラウドの力を使った総当たり攻撃への対策ツールです。数千万の WordPress サイトを活用し、悪意のある IP を識別・ブロックします。 Jetpack プロテクトは、このプラグインをインストールしたサイトに対しての失敗したログイン試行をトラッキングします。ある IP からの短期間に失敗したログイン試行が多すぎる場合、このプラグインを使っているすべてのサイトへのログインがブロックされます。 Jetpack プロテクトは BruteProtect から派生した機能です。もしサイトで BruteProtect が有効化されていれば無効化されます。

 NPO法人鹿児島ASCで制作協力している他のサイトにもすべて導入したいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする